【グウェント】自分用メモ②・冬将軍と向き合う

グウェント、まだランクマッチに入ったばかりという段階ですが、楽しく遊んでます。

 

f:id:MGtiyo:20170611211618p:plain

で、カジュアルマッチのマッチングでモンスターにやたら当たり霜が止まらない季節が続いていました。

明らかに最初の壁というか初狩りデッキだと感じたので、色々整理しようと思います。

 

  • ワイルドハントの猟犬

    f:id:MGtiyo:20170611202211p:plain

駆け引きを理解する前に、自分でモンスター使ってみたんですが、使ってやっとこいつの性能理解しました。

こいつってデッキの山札から冬将軍を出すんですね。

てっきり、デッキ外からも勝手に張るのかと思って、「冬将軍3枚、猟犬3枚で霜6回かー」とか思ってたら、結局冬将軍の3枚なんすね。

これに気づいて大分気持ちが楽になりました。もっと早く気づくべきだった・・・

 

  • 晴天を使うタイミング

霜が嫌だなと思った時に最初に対策として思いつくのが晴天を積むこと。

なんですが、これ霜の返しのターンで使うと偉い損した気分になるんですよね。

そこで、瞬間的なターンで切り取って状況を整理することに。

相手の冬将軍は全てこちらの2体に当たると仮定

 

相手冬将軍こちら晴天

勢力差マイナス2 天気晴れ

 

相手冬将軍こち勢力10のユニットを配備

勢力差プラス8 天気霜

 

相手冬将軍こち勢力10のユニットを配備

 相手別のラインに冬将軍こちら晴天

勢力差プラス4 天気晴れ

 

相手冬将軍こち勢力10のユニットを配備

 相手別のラインに冬将軍こち勢力10のユニットを配備

勢力差プラス14 天気霜

 

 

③が勢力差も天気も青いのでベターなのかなと。少なくとも1列で晴天切っちゃうのは勿体ない感じですね。これが津波だったりだと話が変わるんでしょうが。

 

天気の駆け引きで大事だと思ったのは、お互いハンド差は付かないというところ。

晴天は霜を取り除けるが、カード消費して天気明るくして終わりなので、動きとしてはかなりパッとしないので、打ち所大事なんだなっていう凡コメで終わりにしたいと思います。

 

グウェント面白いっす。