RAGEシャドウバース予選に参加した話

 

2月3日のRAGEシャドウバース東日本予選に参加しました。
初参加だったんだけど、色々発見があったのでまとめてみます。

f:id:MGtiyo:20180207230156j:plain

 

  • シャドバとの接点

まず自分のシャドバ歴ですが、サービスインから始めたものの、すぐ飽きて第2弾パックの前には撤退。その後は遠くから眺めるように。

再度やってみようと思ったきっかけは去年末のバージョンアップ。
ローテーションというルールが出来たので、トータルで見て資産的に復帰しやすそうに感じたのが1つ。
もう1つは「リノセウス、超越とかが無い世界は結構新鮮に楽しめそう」と浅い考えに至り再開しました。

なので再開後、12月末から2月のRAGEまで、アンリミテッドは一度もやってません。

 

  • 運営システムに驚く

参加してみて最初に感じたのは、大会参加までのフローがもの凄くシステマチックなこと。
参加したことある人には今更だと思うけど、これを読んでる人は知らない人が多いと思うのでまとめてみます。

 

・事前エントリー
まず参加希望の人は特設サイトにて参加希望のエントリーをします。
東日本予選の定員は6000人なものの、どうやら毎回エントリーの方が多く、抽選で落選者が出るそうです。自分は運よく当選。

 

・ゲーム内に大会専用のルームが立ち上がる
大会中は通常のルームマッチをするのではなく、専用のルームが大会数日前から現れます。
選手は前日までにこの専用ルームでデッキ登録をして、当日もこのルームを使用して試合をする流れになります。
正直「コスト掛かってんなー、お金る会社じゃないと持ってないと出来ないぜ」と思ってしまいました。

 

・当日の流れ
当日は午前午後の2ターンに分かれてるけど、自分は午前のターン。
午前のターンは過酷でまずエントリー受付が8時~9時。場所は国際展示場の最近できた一番奥のホール。
土曜日だっていうのに7時前に起きて行くわけです。
選手はWEB上のマイページにログインし、専用のQRコードがあるので受付で提出。

身分証明書と照合の後、選手用のネックストラップを受け取る。
このストラップにもさらに当日用のQRコードがあり、こっちのQRコードを自分のスマホでスキャンすると対戦組み合わせと対戦卓が表示される。

f:id:MGtiyo:20180207230544j:plain

 

運営が「組み合わせが更新されました」とアナウンスされたのを受けて、各自QRコードをスキャンし、次の対戦相手と対戦卓を確認して順次移動していく。

f:id:MGtiyo:20180207230754j:plain

こんな感じで長テーブルと椅子が永遠に並んでいて卓番号が置いてある。

各自QRコードをスキャンした先に表示された、次の試合の卓番号へ順次移動して対戦を繰り返す。

 

オフライン大会でこんなにカッチリした運営の大会参加したの初めてでした。
まぁ、これだけの人数で、しかも勝敗に関係なく1人数試合こなすわけだから、人力では限界があるとは思うけど、とにかくきっちりした仕組みに驚くばかり。

 

  • 戦績と報告

先に戦績を言うと1勝2敗でドロップ。(4勝0敗か4勝1敗までが翌日のday2に進出)

まぁこんなもんかというところ。
ちなみに持ってったデッキはドロシーウィッチとニュートラルヴァンパイアでした。

敗因はドロシーが浅瀬過ぎたこと。

 

印象的だったのは結果報告の時。
試合が終わると専用の結果報告用紙となる小さな紙に、戦績記入と双方のプレイヤーネームをサインする。
そして書き終えたら「2人」で運営に用紙を届けなければいけない。
やろうと思えば1試合ぐらいはチーミング、談合、買収とか出来そうだけど、それだけで勝ち続けるのは不可能なルールだと思いました。

 

面白かったのはこの報告書と届ける時間。
大体どこも試合が決着するタイミングが似ているので、提出場所に長蛇の列が出来る。
ついさっきまで戦っていた相手と2人で並んで待ってないといけないのですよ。相当気まずい。

1戦目は明らかに格上の人にフルボッコにされ敗北。
その後は終始無言で、お互いスマホ弄りながら列で待って結果報告。
2戦目、今度は明らかに格下の人をフルボッコにしてしまい勝利。これまた終始無言で報告。

そして3戦目、お互い1デッキ抜けて最終戦まで行き、接戦の末に自分の返す術が尽きて敗北。悔しかったけど、まぁやりきったかなといった感じでした。
この時は接戦だったし相手の人がフランクだったこともあり、感想戦が大盛り上がり。
報告までの待ち時間があっという間に過ぎていき、RAGE参加中で一番楽しい時間になりました。

 

  • 参加してみて

RAGEまでの練習期間(といってもシャドバ仲間居ないのでランクマのみ)も、RAGE当日も楽しく過ごせたなと。正直想像以上に行って良かったなと思いました。

 

遠くから見てるとね、大味なプレイを切り取った動画と、高額賞金のニュースが同時に来るもんで「運ゲーで金入ってもギャンブルと同じじゃんなぁ」などと思っちゃうわけですよ。

ホントにこの2つが同時に来るのが良くも悪くも影響強いよなぁと思います。

でも中はそんな周りの目はお構い無しに着実に盛り上がっているなと感じました。
年齢層低めの業界特有のSNSでのトラブルは絶えないみたいだけど、もうそういうのはいいでしょw

 

あと、実際上手い人のプレイ観て感動したり心動かされることがあって、それは自分が普段格ゲー観戦してる時と同じだなと思いました。

持論だけど観てる人の心を動かせる人には報酬があってしかるべきだと思います。


ちょっと脱線したけどRAGE楽しかったよというお話でした。

 夏もタイミング合えば参加しようと思います。

またローテだといいなぁ。